デッキ塗装

週末はデッキ塗装をやりました。

ブログで過去を振り返ると、昨年は11月にポーチとデッキをそれぞれ別の日にやってましたが、今年はポーチとデッキを1日で終えました。

塗装の前日には、デッキの洗浄をしますが、水洗いした後の乾燥を1日置くほどに時間的余裕がなかったので、今年は雑巾掛けしました。

その後、ガートンでネジやクラック、木の接合部などの水分がたまりやすいところにスプレーしていきました。

あまり使いまくった意識はないのですが、デッキとポーチでスプレー缶を全部使い切ってしまいました。

使い切ったガートン

翌日朝の冷え込みによるデッキの結露で作業が遅れるのを避ける為、晩にはビニールシートをかけておきました。

そしたら、翌朝ビニールシートの表面が若干凍っていて、デッキは無事乾燥したままでしたので、スムーズに作業開始できました。



その前にビフォー写真です。

塗装前

息子も参加。
でも最初は興味本位で手伝ってくれたものの、足が冷たいと言ってすぐに手伝いはやめました。

お手伝い


この後は一人で淡々と作業。

1度塗りを昼前に終え、3時過ぎより2度塗り。


デッキ塗装で大変なのは、デッキ材の隙間で側面を塗る作業です。
表面は幅広の70mmハケで塗りますが、デッキ隙間は30mm幅の小型ハケを使いますが、筆が隙間にうまく入らなくて塗り辛いのに加え、やっていくうちに筆の毛が外側に折れてしまい毛が広がり、余計に塗り辛くなります。

いつも思うけど、もっといいやり方ないのだろうか?


夕方にやっと完了しました。

塗装後

日没前に終わってよかった。

塗り終えた直後は綺麗に仕上がってます。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①