投稿

薪棚満杯御礼

イメージ
コツコツと丸太を狩りに出かけて、時間を見つけて薪割りしてきましたが、やっと薪棚が満杯となりました。

薪棚満杯状態
量として、図面の寸法から計算すると約6 [m3]です。

<計算式>
1区画:
幅 = 1.83 [m]、奥行き = 0.88 [m]、高さ = 1.83 [m]なので、約3 [m3]

2区画あるため、2倍して6 [m3]

使用できる期間は、おおよそ2年分ぐらいだと、今年に薪ストーブ設置してから1.5ヶ月使用した時のペースから考えて予想してます。



薪の入手先は、ごく一部は購入した薪の未使用分ですが、大部分は公園で伐採された木々を玉切りして薪にしたものです。

伐採現場での玉切りは全てバッテリーチェンソーで行いました。

例えばこんな感じ。

直径50cm以上あったこの桜の木。

桜の大木(初期)
凄まじい重量のため、玉切りするための大木の浮かせ方を工夫し、チェンソーのガイドバー長さより大木の直径が大きいため左右からカットを繰り返して玉切りを繰り返すこと数回。

玉切り数回実施
少しづつ慣れてきて、反対側もカット

大木の反対側も玉切り
そしてコツを掴んで全部玉切り

大木の玉切り完了
もちろん、これらの作業を1日でできるわけなく、数回に分けて何とかできました。

最初は、こんな大木をバッテリーチェンソーでできるのか不安でしたが、チェンソーの扱い方や玉切りの切り方のコツなどが体得できると不安はなくなり、大抵のものならばカットできそうな自信がつきます。


薪割りの方も、薪割りハンマーと楔の併用でどんな玉でも割れるコツや自信がつきました。

収穫した玉
こんな沢山の玉も何回かに分けて玉切りを問題なくできるようなスキルが身につきました。


これで、やっと薪のストックについて一安心できる状態となりました。
苦労はしたけど、得るものが大きかったように思います。

BESSコーチャー

イメージ
いつだったかBESSより郵便が届き、BESSの家々で暮らす人を対象にコーチャーの案内があり、面白そうだと思ってBESSコーチャーを申し込みしたのが数ヶ月前。

そしたら初のオリエンテーションの案内メールで来て、日程調整のして6/3に顔合わせと活動の説明ということで訪問しました。


もともと家の構想の相談や建築の契約などはBESS藤沢でやっていて、ホームナビゲーターの方々始め展示場のスタッフにお世話になったので藤沢での登録が自然な流れですが、2018/4/16にオープンしたてのBESS多摩は隣の市なので家から距離が近く、遊びに行き易いと思い、こちらで応募しました。

LOGWAY BESS多摩へは、オープン翌日の4/17が初めての訪問で、たくさんの訪問者で賑わっていました。2回目となる今回はやや暑さを感じだすいい天気。

LOGWAY BESS多摩
最初は30分くらいオリエンテーションということで、活動の背景や活動内容、他のコーチャーとの連絡状況など話をしていただきました。

前々から展示場でユーザー同士が交流の場として活用したいという声もあったそうで、BESSの家を検討している人へユーザーとしての生の声を発信することと合わせて、コーチャーという活動が生まれたそうです。

活動の部がいくつかあり、薪ストーブ、庭作り、DIY、メンテナンス、外ごはん、クラフト等があり、経験していることややったことないことなど、どれも面白そう。

今後の活動は、まだウチがこちらBESS多摩では2組目のオリエンテーションだそうで、まだ他の人の意向が聞けてないものの、6月中に一度コーチャー同士が集まる様に声をかけて、そこで今後を話しあうということになりそうです。


また、嬉しいプレゼントに、コーチャーとしての認定証だけでなく、コーチャーの目印となるエプロン等たくさんグッズをもらいました。

コーチャーグッズ
エプロンと軍手とバンダナとジャケット、それと布製の大型トートバッグで、コーチャーのオリジナルのマークが付いています。(軍手とジャケット以外)


最後にコーチャー自己紹介ボードを記入。
雨でも落ちにくいけど手軽に使えるペンを使って、すでに掲示されているボードを参考に描きます。
何を書こうかと色々考えると全然決まらないので、思い切りと思いつきで描きます。
名前は子供の名をかりて記入し、妻は紹介文を、息子はスペー…

1Fフリールームの照明

イメージ
実はうちのワンダーデバイスの1Fのフリールームは、引き渡しからすでに1年9ヶ月程経ちますが、ずーっと照明がありませんでした。

探してみたもののこれと言っていいデザインのものが見つからなかったし、この部屋を使用する頻度が少ないので、保留にしてました。


でも、状況が変わって、1Fのフリールームにデスク製作し、そこで仕事で使用することが増えたので、今回購入して設置しました。


購入した照明はART WORK STUDIOのハーモニーシーリングライト。


インターネットで購入して立派な梱包で届きました。

照明到着
で、週末土曜日に開封して、取り付けます。

取り付ける前はこんな風に天井には何にも無かったのが、

照明取り付け前
5分ほどの簡単な取り付けでこの通り。

照明取り付け後
なかなか部屋にマッチしている感じです。


日中の明るい中だと照らし方がよくわからないので、夜に照明をつけるとこの通り。

点灯の様子
ランプのフードにあるスリットから漏れる光が天井をすこし照らすのでいい感じだと思います。

部屋の明るさ的には、眩しすぎでもなく暗いと感じることもなく丁度良い明るさ。


満足のいく照明が設置でき、これでやっと我が家のすべての照明が取り付きました。

【ラベル追加:2018/4/11】

煙突掃除

イメージ
先週の点検後も、数日は煤が近辺に舞ったという妻の報告より、週末に煙突掃除を決行しました。

煙突掃除は、もともとの計画ではシーズン終了時に煙突設置をしてもらったフランシスにお願いの予定でした。

でも日程調整などで時間がかかってしまった場合、掃除を待っている間に、ご近所から煤が舞って困ると指摘されるのは避けたく、今週末にする必要がありました。


で、煙突掃除にはどんなのが必要かを調べて、週末の掃除予定日に間に合うように、急いでネットで買ったのがこちら。

煙突掃除用品
フレキシブルロッドという接続式の棒5本と、ワイヤー製のブラシを購入しました。


掃除の日、朝10時より作業開始。

まずは、養生。

煙突外し前
それから、煙突を外します。

写真中央の煙突パーツは、伸縮式で取り外しの際の縮めることができるということを、煙突工事の時に聞いたのを覚えていたので、試しに外してみます。

煙突伸縮パーツ取り外し

外した煙突内部を見てみると・・・

煙突内部
ありました。周辺に飛散していた煤が内壁にくっついてます。


今度は、屋根に登って上から掃除を開始。

ブラシを煙突に突っ込むところ
ところがこのブラシ、突っ込んでから引っ張り上げようとするけど、簡単には上がりません。

これが予想外の事態で、力一杯引っ張っても抜けず、どうしてか、なんでこんなに抜けずに硬いのか、最初の30分くらい格闘してました。


で、フレキシブロッドを思いっきり曲げて、曲げたロッドを肩に担いで全身で引き上げたらやっと抜けました。


考えると、ワイヤーブラシの径は煙突の内径よりいくらか大きいため、突っ込んだ方向に対して引っ張りあげようとする時には、一本一本のワイヤーの弓状のたわみが引っ張りあげる時に逆方向になり、その時の反発力が100本以上の全ワイヤー合計分あるため、相当な力が必要なのかと思われます。


で、要領がわかったところで、フレキシブルロッドをどんどん繋いで、煙突掃除を続行します。

ロッドを5本繋げたところ
程よいフレックスがあるのでつなげると自重でこんな感じにたわみます。


ワイヤーブラシによる煙突掃除を上からも下からも実施して煙突内部はだいぶ綺麗になりました。


比較するとこんな感じ。

煙突内部(掃除前)
煙突内部(掃除後)
ブラシーの筋がはっきりとわかり、掃除した跡がよくわかります。


煙突に取り付けた煤の袋には、問題なく煤が…

煙突点検

イメージ
今朝駐車場には黒い灰のようなものが散乱していました。

触った感触や散乱していた場所から、どうやらウチの煙突から出た灰の可能性があります。


まだ設置後使用して約1ヶ月半で、一応乾燥した薪を購入して使用していたので、まさかとは思ってましたが、やっぱり気になる。


夕方、屋根に登って点検してみることにしました。


煙突
設置後というより、ウチのワンダーデバイス建築後、始めて屋根に登ってみました。


近くで煙突の先端を確認すると、煤っぽいものが付いています。

煙突先端
やっぱり、ウチの煙突から灰がまったのは間違い無く、屋根にも灰がありました。

でも、想像していたのは屋根に結構溜まった灰とごっそり汚れた煙突だったので、思ったより酷くないのでちょっと安心。


で、煙突の先端を取り外して掃除します。

取り外した煙突先端
結構煤がこびりついてます。

触るとこびりついたという感じで無く、乾燥した煤でブラシで取れそうなドライ感でした。
今回はブラシは用意していないので雑巾でさっと煤を落としました。


煙突も同様に煤が付いてますので、さっと雑巾で取り除き掃除。

煙突先端内部(清掃前)

煙突先端内部(清掃後)
煙突内部は、うまく写真に撮れませんでしたが、それほどひどい煤、特に煙突火災の原因となるタールのべっとりしたのは煤は無く安心できました。


掃除後綺麗になった煙突を撮影して、今日の点検は終了。

煙突掃除後の夕方の街並み
この方向は東側で、夕日がまぶしく無く、眼下に広がる街がいい景色。


結局のところ、煤はウチの煙突から出てきましたが、それほど汚れているわけでも無く、煙突設置して間もない初回だけの煤なのか、定期的に点検を必要とする汚れなのかよくわかりませんが、薪ストーブシーズンオフになってクリーニングして、いままでの使われ方と今後の煙突掃除の仕方や頻度を考えたいと思います。

デスク製作

イメージ
今までデスクはないため、パソコンや事務的作業は全てダイニングテーブルで代用してました。

ですが最近は仕事で在宅勤務ができるようになったのをキッカケに、今回デスクを作成してみました。

デスクといっても普通のデスクでなく、せっかくならちょっと違うものを作ってみようと思い、BESS藤沢のワンダーデバイスのロフトにあるデスクをお手本に横長のデスクをつくってみました。


天板はパイン集成材で長さ2.42m、幅45cm、厚み3cmの板を使用しました。

パイン集成材
今回使用する塗料は、落ち着いたシックな色にしたかったので、ワトコオイルというブランドのチェリーという色を選んでみました。

この塗料は初めて使いますが、ホームセンターにあった使い方を示したボードに沿って、塗装前にヤスリがけを#180の荒さでサンダーで実施。

それと同時に、角を丸める作業も行いました。


サンダーの作業後は早速塗装してみます。

塗装後
塗装するとだいぶ色合いが異なりシックな色になりますが、思ったより赤みがあります。最初はこんな赤茶色でいいんだろうかと戸惑いましたが、時間が経つと慣れて、まあ悪くない色だと思えるようになりました。


この塗料、面白いのは塗料が乾く前に耐水ペーパーでヤスリがけする方がよりいい仕上がりになるって缶に書いてあるところ。今回は#320の耐水ペーパーでヤスリがけしてみました。



この天板につけるのはイケアで購入した脚で、本当は先週に購入したかったのだけど売り切れだったため、再度今日買いに行ってから早速つけてみました。


つける位置は左右の4箇所の中央壁側の合計5本。

脚取り付け用金具設置後
この後、金具につける脚を取り付けて、実際に部屋に設置してみました。

デスク設置
雰囲気は悪くないのですがガタつきがあり、デスク天板に力を加えると、デスク全体がガタガタと振れてしまいます。
結構このガタつきが結構きになるので、しばらく様子見て、改善していきたいと思います。


ちなみに、椅子も脚と同様にイケアで購入しました。
なかなかの高級品でしたが、座り心地はかなりいい感じです。

しばらく使用してみて、ガタつきとか気になる場合は、対策を考えて直していきたいと思います。

薪狩り

イメージ
今月2/8に伐採現場を我が家から車で5分くらいのところで偶然発見。
普段、幼稚園は送迎バスを利用してますが、この日は妻がインフルエンザで動けないため、私は休暇を取って幼稚園に送迎していたところ、途中で発見したのでした。

伐採現場
看板によると、萌芽更新(「ほうがこうしん」樹木の伐採後、残された根株の休眠芽の生成を期待して森林の再生を図る方法。ウィキペディアより)のためで、伐採された木々は放置されてました。

ネットで団体っぽいところを探して電話したところ、思いの外あっさりと持ち出しの了解もらえたので、伐採木を玉切りして持って帰れることになりました。


後日行った現場には、桜や杉など伐採されたまま大量に放置してあります。

伐採現場
桜が特に多く放置され、まだ使ったことありませんが桜は香りも良いとのことで、桜だけにフォーカスして玉切りします。


今回のような本格的な原木回収の薪狩りは初めてなので、色々うまくいきません。

一番困ったことは、チェンソーのソーチェンが玉切りの作業中に動かなくなってしまうこと。

チェンソーは無料配布の木を自宅でカットする際など多少使ってましたが、ソーチェンがガイドバーから滑らなくなって動かなくなる症状は初めだったので、何が問題でどう対処していいのかわからず、最初は購入したお店に持参して見てもらいました。

その結果、繊維質のものがガイドバー先端の回転体に食い込んでしまい動かないということをお店の方に教えて頂き、無事にソーチェーンが動くようなりました。

その食い込んだ繊維質のものが食い込んでしまった原因かもしれないと思うことに、チェンソー作業中のカットスピードがあります。多分今までは無意識のうちにチェンソーを無理矢理に木に押してつけてカットしてましたが、多分これが問題だったのではないかと思われます。

どういうことかというと、チェンソーのオイルの潤滑はソーチェンへの数ミリの給油穴から少しずつされますが、その給油量以上にカットのスピードを上げてしまうと、油分が木に吸収されてしまい、結果としてソーチェンへの給油が行われなくなってしまいます。

そうすると、ソーチェンの潤滑不良となり、カット中の木の繊維が色々な可動部に入り込んでしまうという訳です。

なので、カットのスピードを遅くすることで、カット中にオイルがソーチェンに給油されます。これを実践したところ、頻発し…