薪ストーブアクセサリーの見学

更新が1ヶ月程滞っている間に2018年となりましたが、今年も住むより楽しむでミラクルワンダーデバイスをエンジョイしていきたいと思います。

ところで我が家の薪ストーブは、今までおよそ1年半以上の間、ガジェットで入手したままで、煙突工事まで手が回らずずっと未使用でした。その間、薪の調達や薪棚など準備を進めてたものの、肝心の煙突工事は未着手。

でも、さすがに今シーズンは設置して使ってみたいので、近隣の家の配慮から煙突位置を再検討し、先月BESSに訪問と見積りお願いした結果、考えたプランで工事でき、かつ工事費も納得できたので、やっと今月煙突工事することになりました。

いままでの薪ストーブこんな感じでした。

リビング壁際佇む薪ストーブ(2016/12時点)

実際、薪ストーブを使っていくにあたり、いろいろなアクセサリーが必要と思い、契約した展示場のBESS藤沢に足を運んでチェックしてきました。

ワンダーデバイス

BESSドーム

あきつログハウス

程々の家


カントリーログハウス

こうやってアクセサリーという視点でいろいろな設置例を比べるのも面白く、デザインやテイストがそれぞれ異なりますが、共通しているのはこんな道具っぽいです。

共通している薪ストーブアクセサリー

  • ショベル
  • ホウキ
  • トング
  • ポーカー(薪をひっくり返したりする?)
  • グローブ
  • ログラック
  • 灰入れ

どれがどのくらいの頻度で必要がは未体験なのでわかりませんが、これらが必要なことが大体わかりました。


最初はガジェットでこれらのアクセサリーを揃えてもいいと思いましたが、インターネットで調べると各ブランドで多様なデザインのものを販売していることがわかったので、見比べながら検討していきます。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①