BESSカレンダー枠の製作

更新が半年以上できていませんが、Wonder Deviceライフは無事過ごせています。

慌ただしく過ぎたのは、下の子の子守りと単身赴任が主な理由で、この生活が来年も続きます。そんな新しい年に向けて2021年のカレンダーに交換しました。

カレンダーについていままでずっと気になっていたのが、時間が経つとカレンダーの角がぺろりとめくれてしまう問題。いままではセロハンテープで角を貼り付けるという初歩的な対策をしてましたが、なんとかしようと本日思い立ったのでカレンダーの枠を製作してみました。


製作したカレンダーの枠

額縁と言えるのかよくわからないので「枠」と呼びます。

写真右上に見えるエアコンからの風がカレンダーにあたるため、カレンダーの角がめくれやすかったのが、このカレンダー枠でうまく防げています。


作りはシンプルで、有孔ボードの4隅にワイヤーを通し、カレンダーの角を挟めるようにワイヤーを取り付けています。


ワイヤーを通した角

φ1のワイヤーを孔に通してカレンダーの角を固定できる位置にワイヤーを這わせています。


最初は枠をOSB材で作るつもりでしたが、1810mm幅というカレンダー枠を作るには大きすぎるものしか近所のホームセンターにはなかったので、手頃なサイズを店内で探しているときに見つけた有孔ボードで作ってみました。


およそ2時間くらいで設計から製作でき、いままでもやっとしていたのが解消してスッキリしました。


これで新しい年を気持ち良く迎えられます。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①