薪ストーブ着火

12月になったので、薪ストーブの使用を開始しました。

LOGWAYでは薪ストーブはすでに始まってて、これまでの訪問では一足先に薪ストーブを体験してましたが、わが家では12月に入ってから使用することにしました。

というのも、ウチの場合、薪ストーブの煙突工事が終わったのが今年の2月なので、冬を通しての薪の使用量を把握したいので、キリのいい12月から使用することにしました。

焚き付けで室内モクモクの失敗しながらも着火完了。

今シーズン初着火

クリスマスツリーや子供用スノーボードなど一緒にいろいろ写ってますが、メラメラとしているいい写真が撮れました。

今回より薪ストーブアイテムとして2つ準備しました。

一つはスノーピークの焚き火ツールセット。

焚き火ツールセットPRO(スノーピークサイトより)

火ばさみは今まで、キャンプの時の安物を使用してましたが、このクオリティーなら家でもキャンプでも長く使えるので、割と高価ですが思い切って準備しました。

もう一つは、ログラック。

ログラック

室内での薪は従来キャンプで使用していたプラスチック製ケースでしたが、雰囲気を壊さないちゃんとしたものを用意しました。

このラックは布の部分は取り外して、薪を運ぶ時のキャリアとして使用できます。


まだ焚き付けは、経験値が少ないので慣れませんが、BESSお手入れガイドで紹介されている薪ストーブ関連の記事を参考にしながら、早くマスターできるようにします。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①