IKEAキッチン収納棚取り付け①

ワンダーデバイス引き渡し前に、何ヶ月にも渡って検討して購入した、IKEAのキッチン収納棚ですが、引き渡しから3ヶ月以上、段ボールのまま放置してしまい、一つの部屋を占領してました。

フリールームを占領したキッチン収納棚の部品たち

こんなことなら、引き渡し後に買えばよかったと思いつつも、まさか、こんなにDIYで忙しい毎週末を過ごすとは思ってみなかったので、しょうがありません。

こんな状態で3ヶ月以上放置しましたが、やっとの事で収納ルームの棚が完成したので、余韻に浸る事無く、次の作業、キッチン収納棚の設置にフォーカスします。


ちなみに、IKEAではこれらの施工サービスもありますが、それだけで7万円弱かかり自分で設置することにしました。節約できるだけで無くて自分で施工でよかったと思える事は、強度も考えた納得できる設置を自分で好きなようにできる事かと思います。

というのも、今回実際にやってみてわかったのですが、間柱の位置に対してキャビネットを支えるためのレールを壁に取り付ける穴の間隔がいい感じに合わず、もし適当に取り付けたら強度が弱くてキャビネットが落下するかもしれません。

どういう事かというと、間柱の間隔(最小45.5cm)とキャビネット取付用のレールを壁に固定するための穴の間隔(5cm)が同じでないため、どこかを間柱と取り付け穴を合わせると他で位置がずれてしまいます。

結局、試行錯誤して、なるべく間柱で固定できるように位置を調整して取り付けます。



今回、作業による変化の様子をわかりやすくするため、パーティーキッチンのところにカメラを乗せて、定点観測(撮影)をしてみてます。


まず、最初の何もないところ。

取り付け前のパーティーキッチン背面壁

最初は壁際に設置する背の高いキャビネットを取り付けます。
高さはキャビネット自体で2mあります。

ハイキャビネットフレーム設置

次に、ウォールキャビネットを取り付けます。
キャビネットは、予め壁に取り付けた金属のレールにぶら下げています。

ウォールキャビネット取り付け

キャビネット自体が一つ13kg程あり、それを3つも吊るしているので、強度的に大丈夫かと心配になります。ウォールキャビネット用の金属レールは間柱に3箇所でガッチリと設置して、他には8箇所は間柱がないのでパネル板だけに固定してます。なんとか大丈夫であって欲しいところです。

続きは次の投稿にします。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①