金銭消費賃借契約

本日はイオン銀行にて住宅ローンの申し込みを行いました。
正式名称は「金銭消費賃借契約」で、金消契約と略されることもあるということが、いろいろやっていく中でわかりました。

午前10時から、イオン銀行へ行き約2時間にわたる手続きとなりました。

まず、準備した印鑑登録証明などの必要書類の確認で始まり、数々の書類の説明と記入をひたすら繰り返しました。
契約内容によって書類は異なると思いますが、今回我々の場合は、
・住宅ローン契約書
・担保差入の念書
・住宅ローン取扱手数料書類
などなど。
続けてイオン銀行指定の司法書士とともに抵当権設定に関する書類の説明と作成で
・抵当権設定契約証書(抵当権設定用)
・登記原因証明情報(抵当権設定用)
などがありました。ちなみに、イオン銀行で住宅ローン組む時は、条件の一つに指定の司法書士で抵当権設定することがあるため、今回の住宅ローン契約では抵当権設定の書類作成も併せて行われました。

できた契約書はこちら。


モザイクばかりですが、記念なのか記録なのかわかりませんが、こうやって軌跡として残しておきたいと思います。

緊張するかと思いましたが、緊張もせずむしろ子供に注意を払いながらの手続きであっという間に時間が過ぎました。

その後は、イオンモール内のフードコートで食事をして、子供服をちょっと買って、モール内にあるジムや砂場などのあるキッズ広場で遊んでから帰宅しました。モールを出たのは3時過ぎでしたので5時間以上もイオンモールに居たことになり、帰る頃は疲労感がありました。

無事に住宅ローン契約を済ますことができてよかったです。後は25日の決済で土地に関する手続きが年内に終わることになりそうで、大きく前進したと思いました。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①