土地の決済

今日はクリスマス。
同時に一つの山場、土地の決済の日です。

決済は銀行の営業日の関係で平日しか実施できないので、今日は有給を取って臨みました。

場所は今まで住宅ローン申請などいろいろ行いましたイオン銀行の多摩平の森店で、時間は朝10時からです。

決済というものを体験するのはもちろん初めてで、流れや雰囲気がどんな感じか全くわからず不安でしたが、完了してみたらかなりあっさりと完了しました。

所要時間としては30分程でしたが、記憶している範囲で概要を整理したいと思います。

【参加者】
・我々一家
・イオン銀行担当
・司法書士(抵当権設定に携わるイオン銀行指定の司法書士)
・売主(売主である会社の担当者)
・司法書士(所有権移転登録に携わる売主指定の司法書士)
・不動産担当者

【流れ】
(1) 挨拶と名刺交換
(2) 所有権移転登録のため、必要書類の確認と委任状の作成と手数料の現金支払い
(3) 銀行に住宅ローン振込みの依頼
(4) 売主の振込み完了確認(今回は売主による作成済み振込受付書による確認のみ)

融資内容によって形態が変わると思いますが、今回は所有権移転費用は現金支払いということで硬貨の準備に手間取りましたが、それ以外は特に時間はかかりませんでした。

気になったのはイオン銀行指定の司法書士の方で、挨拶と名刺交換を最初した以外は、一番早く銀行に来てもらっていたのに控え室でスタンバイしてもらっただけで決済は完了となり、遠路来てもらったのにちょっと申し訳ない気分でした。

銀行に関して、次回は数ヶ月後に再度住宅ローン申請をすることになる予定です。
と言いますのも、今回は土地の購入代金にイオン銀行による住宅ローンを利用し本日決済しましたが、建物の購入代金の一部もイオン銀行の住宅ローンを利用する計画です。しかし、既に行いました住宅ローン本申請の有効期限は6ヶ月で、ワンダーデバイス完了予定日前にこの有効期限が切れる見込みのため、再申請が必要ということなのでした。

決済手続きの最後にイオン銀行の外観の写真を撮ろうと思ってましたが忘れてしまいました。なぜなら「銀行」って感じではなく、ショッピングモール内の1店舗的な外観で、全然緊張しませんっていうことを写真で伝わればと思ってたからです。

ともあれ、無事に土地の決済が出来て一安心しました。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①