土地契約

こんばんは。
本日は土地の契約で、ここが一つの正念場と思って臨みました。

契約の前日には、不動産業者と予め契約書や重要事項説明のドラフトをトラブル回避のために送付してもらう約束をしていて、昨日の夜にメールで受け取りました。その資料を夫婦で読み合わせして、幾つかの気になる点を夜遅かったのでメールで連絡。

契約は午後1時からの予定でしたが、午前中に不動産からの電話で問題発生!
土地の所有権移転登記は自分で行うことを以前伝えたので、不動産側もそのつもりでいてくれたと思っていたのに、「聞いてません」の一言。
なに〜!!
登記は自分でするのが原則ということを学んで、司法書士への報酬分がコストカットできるのもあり自分でやるつもりだったので、ショックでした。不動産の担当者からは、買主で登記するのは前例が無いという説明を受け、でも事実は買主でも可能であることを調査済みなので反論したかったですが、さらに聞くと、今回は分筆(土地を細かく区分けする法的処理?)前なので億単位の登記を一人の買主に分筆登記するのは、売主側からリスクが高いということで、これには納得。でも、怒りもあり文句も言いましたが、契約当日なのでもうどうすることもできず断念。

登記について学んだ本の一つはこちら。
マニュアル本ではなく、何も知ら無い女子大生が登記をする話で読み物として面白く、同時に登記の全体の流れがわかります。


で、午後からの契約は午前中の怒りもあり緊張感漂わせて臨みました。
そしたら、意外なサプライズが!
今まで仲介手数料の値下げを(いろいろな過去の出来事もあり)交渉してて値下げはでき無いとのことでしたが、気持ちばかりの値引きがありました。総額からしてみれば大したこと無い額ですが、所有権移転登記時の司法書士への報酬相場分よりは多い値引きです。これは嬉しいサプライズでした。
その後、重要事項説明、契約書の説明等を無事に済ませ、打ち合わせの最後に売主さんが登場して、初めて会うので挨拶や資料の説明を受けた後に続けて手付金を渡して、無事契約完了。売主さんはとっても人当たりの良い方で、買主さんのご要望になるべくお応えします的なことを聞けて安心しました。

本日の契約で受け取った書類一式に含まれた、契約書です。モザイクばかりですが、ここに行き着くまで長かった〜

土地探しから今日の契約までいろいろありましたが、こうやって無事土地の契約できたので嬉しいのはもちろんですが、昨晩の遅くまで起きてたり今日午前中の怒りもあったりだったので、一安心したのでした。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①