土地引き渡しまでの長い道のり

こんばんは。

本日は気持ちの面で引き締まった日となりました。

どういう事かを、状況から説明します。
現状、土地の契約は従来計画されていた11/7から、役所の認可の処理(?)が遅れている事が理由で、延期されてて新しい日程も現時点未決定です。
一方、契約の約1ヶ月後に予定されている土地決済(土地引き渡し)は12/18と以前から不動産から聞いていましたが、この日程は契約日程の延期に伴って遅れると思ってました。

今日、不動産に念のため確認したら、今のところ土地決済は12/18の予定ですと。
!!!
確認してよかった。このまま1週間以上、のんびりしていたら手遅れになってたかも。

ちょうどいいタイミングでBESSの担当者から電話があり、状況連絡したところ、同じ日程に対しての緊急度が上がった認識をしてくれたようです。ほんと、いつもありがとうございます。

まずは、直近の課題はプランを決めて、値段と特に延べ床面積を決定する事がやる事です。もし床面積が変更になったりしたら、審査をやり直しとなって土地決済日には間に合わなくなる可能性大です。

ということで、急遽今度の日曜日打ち合わせを設定し、建物プランを決めたいと思います。いつも、BESSの急な対応ありがとうございます。(2回目)

これから約1ヶ月の間いろいろなイベントが目白押しとなるみたいです。
・土地の契約
・建物の契約
・建物の建築確認申請(BESSで実施)
・銀行本審査
・土地の金銭消費賃借契約(銀行にお金を貸してもらう契約?)
・土地の残金決済

初めてのことで、いろいろなイベントがいつ頃、どんなお金がいつ頃必要かまとめています。
なんせ、勉強しながらなのでどこまで正確か微妙でありますが、全体の流れがイメージがわかりますので役に立ってます。修正・更新は欠かせませんが。

ちなみにデザインは予めMacにインストールされているNumbersというソフトのテンプレートを使っているので、特にデザインは凝ってません。でもこんなかっこいいのが気楽に作れるなんて素晴らしいです。Macは。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①