引渡し日の提案

先日BESSのNさんに引渡し日の日程提案をしました。

ウチの場合は、銀行はBESSを介さず自分たちで選んで契約してるため、融資の段取りはBESSではなくウチらで調整する必要があります。

加えて登記も自分でするので、さらに厄介です。
というのも、建物の登記完了しないと銀行の融資もできず、引渡しもされないといった感じで、登記の進み具合で引渡しまでの日程が左右されます。
(※正確には建物表題登記と所有権保存登記が融資前に完了していることが必要)

このいろんなやるべき事がお互いに関連している事をイメージマップ的に表現してみました。


こうしてみるとやる事が沢山あり、しかも順序があることがややこしくしてます。

この図を作るのも、頭の中を整理しよう!って気軽に取り掛かったものの、あれもこれもと折り込んだら1時間以上作成にかかってしまいました。


タイトルの引渡し日について、ウチの場合は、銀行でのローンや登記を自らやるという珍しいと思われるケースなので、工事進捗と登記などの手続きの状況から、BESSと相談の上決める必要があったわけです。

ここのところ、建物完成予定時期や手続きの大体の流れが見えてきた感があるので、こんな感じでどうでしょうかと日程提案しました。

そしたら、「実現可能な日程でOKです」との回答。以外にすんなり進みました。

ちなみにメールでの提案内容はこちら。
5/16:建物表題登記の申請
5/19:キッチン施工
5/24:検査済証発行
5/25:引渡し日の決定
5/26:現地立会い調査
5/31:建物表題登記の完了
6/1:火災保険申し込み
6/4:住宅ローン申し込み
6/11:金銭消費賃借契約
6/13:竣工検査
6/16:銀行の融資実行、引渡し
ということで、6/16というなんとなく決めた日が引渡しになりそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

エアコン室外機塗装

ココスヤシの剪定

薪棚製作①